こんにちは、高崎にあるデジタルマーケティング・Web制作会社のSimplyです。

起業や飲食店や美容室など店舗をオープンするにあたってホームページがほしいけど、まだ掲載する情報もそんなにはないし、予算も限られていることがほとんどだと思います。今回はそんなスタートアップに最適なシングルページというホームページのタイプについてご紹介します。

1ページ完結型のホームページ

シングルページ事例「HOWDY様

シングルページは名前のとおり、1ページで完結するホームページを指します。

一見1ページだけなんて寂しいと思われるかもしれませんが実は全然そんなことないんです。場合によってはメリットの方が大きかったりもします。

ではシングルページのメリットとデメリットについて考えてみたいとます。

シングルページのメリット

1ページで全てを伝えられる

通常ホームページは複数ページに渡って情報が配置されています。複数ページまたぐということは、それだけ求めている情報が見つかるまでに時間がかかりストレスを与えてしまうことがあります。

多くのユーザーはせっかちなので、1〜2ページ見て求めている情報が見当たらない、面倒くさいと感じたらホームページから離脱をして他のサイトに行ってしまいます。

しかしシングルページでそういった心配はなく、ホームページで伝えたいことを効率よく訴求することができます。

自由度の高いデザインができる

通常の複数ページあるホームページは、テンプレートと呼ばれる雛形に沿って情報が流し込まれていきます。このテンプレートによって情報に秩序が生まれ、読みやすさや使いやすさが担保されたホームページになります。しかし、逆を言うと自由度が制限されるとも言えます。

シングルページは1ページしか無いので、秩序など気にする必要がなく、自由にデザインをすることができ、見栄えの良いデザインがしやすくなります。

スマホと相性がよい

シングルページは1ページ内で全ての情報を紹介するので縦長になる傾向があります。ページが長くなることはこれまではデメリットでありましたが、スマホ時代になりスワイプ行動になったおかげで、縦長のページが気にならなくなりました。

ページ遷移することなく1ページ内で情報が完結することは、スマホでの情報理解を早めることにもつながります。スマホを使って情報収集をするBtoCサービスは特に相性がよいと言えます。

シングルページ事例「明浜みかん専門店 スリーサンズ様」

予算を抑えられる

スタートアップにとって非常に助かるメリットとして、制作費を抑えられることがあげられます。

ホームページの制作費は制作するページボリュームに比例します。予算が限られている場合にはページボリュームを抑えることが真っ先に検討すべきポイントになります。

このようにデザインの自由度の高さや、離脱を防ぎスマホでの使い勝手の良さ、そして制作費を抑えられるという、とても魅力的なメリットにあふれています。

では続いてシングルページのデメリットについて考えてみたいと思います。

シングルページのデメリット

各情報は概要的になる

全ての情報を1ページで完結させる必要があるため、1つ1つの情報を詳細に説明する好ましくありません。複数ページにわたるホームページは、ユーザーが知りたい情報を自らの意思で掘り下げていきますが、興味のないページを掘り下げる(クリックする)ことはありません。

シングルページは自らの意思に関係なく情報が入ってくるので、興味のない情報までも詳細に説明するのは、求めている情報が見つけづらくなりストレスを与えてしまいます。

SEO対策を行いづらい

SEOは様々な情報ニーズに対して受け皿となるページを用意し、ユーザーの知りたいに応える行為です。シングルページではユーザーごとにページを分けることができないため、多用な検索ニーズに応えることができず、SEOに強いホームページ(様々な検索ニーズをキャッチする)は作りづらいと言えます。

しかしこれは曖昧な検索をした場合に検索エンジンから出会えるかどうかの話になります。使命ワードと呼ばれる、企業の名前を直接検索した場合は上位表示は全然狙えるので、その場合はSEO的効果の弱さは大きな問題にはなりません。

情報発信力が弱い

SEOとも関連しますが、お知らせやブログなど更新性のあるコンテンツを発信することができずらいので、自社の最新情報や魅力を伝えづらいと言えます。

しかし、近年ではホームページではなくSNSを使って情報発信をするケースが増えておりますが、これはホームページの代替えとは異なります。あくまでも情報発信チャネルが増えているだけでしかないことに注意が必要です。

シングルページ例

お気軽にご相談ください

シングルページは条件が合えばとても魅力的なホームーページの形態であります。
ぜひ店舗オープンなどのタイミングでは選択肢の一つとしてご検討してみてください。

自社の魅力を引き出したい、WEBマーケティングに本腰を入れたい、WEBで物販を行いたい、何をしたらいいのか分からないからとりあえず話を聞いて欲しいなど、まずはお気軽にご相談ください。

お仕事のご相談はこちら

WORKS

事例の一部をご紹介しています

  • Simply事例紹介-HOWDY様

    HOWDY様

    高崎市に新規開業するアイラッシュサロンのアートディレクション、ホームページ制作を行いました。

  • Simply事例紹介-formosa様

    formosa様

    川崎市にある台湾料理「formosa(フォルモサ)」の公式サイトおよびオンラインストアの構築やロゴ開発などを行いました

  • Simply事例紹介-みかんの育毛剤『三美柑』

    みかんの育毛剤『三美柑』

    新商品発売にあたり、ブランドコンセプトの開発やオンラインストアの構築、撮影、各種販促ツールを制作しました。

  • Simply事例紹介-クリニックの名刺&診察券デザイン

    豊田内科医院様

    新規部門の立ち上げにともない、タグライン開発と名刺&診察券の制作しました。

  • Simply事例紹介-株式会社サティスファクトリー様

    サティスファクトリー様

    企業ブランディングとして、ロゴ、タグライン開発や、ホームページ制作、継続的なブランディング支援を行っております。

  • Simply事例紹介-STUDIO SPACE N様

    STUDIO SPACE N様

    神奈川で他店舗展開するダンススタジオ、ホームページやツール制作、継続的なブランディング支援を行っております。

  • Simply事例紹介-スリーサンズ様

    スリーサンズ様

    サービスデザインや、ホームページ・販促ツール・コンテンツ制作、継続的なブランディング支援を行っております。

  • Simply事例紹介-あこや様

    あこや様

    東京や台湾に複数店舗展開する和食店のロゴ開発や、ブランディングツールの制作と継続的なブランディング支援を行っております。

SERVICE